製造加工

石を研磨するスタッフ

大阪石材の製造加工

施工工事や彫刻技術と共に、製造加工技術も大阪石材の誇るべき技術の1つです。本社1階に加工場を持ち、国産墓石の製造や、リフォームや建て替えなどで解体した墓石の加工を行なっています。自社一貫製造ができる会社であるからこそ、お客様のご要望にお応えすることが可能です。

機材設備一覧

オフカット切削機

手動で切る切削機です。直線でもいろんな加工ができ、曲線の加工も可能です。ブレードの厚みは4mm~5mm程度です。

小型丸鋸走行機

約1.5m×約2.5m までの板石を切断可能できる機械です。切断はミリ単位で行え、主にビルの壁材・床材の製造に使用します。板石を直線に加工する機械で、寸法精度を求めるものによく使用します。石材を旋回させ直角方向の切断をしたり、切断や寸法決めには機械を移動して行います。 ブレードの厚みは3mm~4mm程度

穴空け機

石にダイヤモンドのコアビットを使用し、10mmπ~180mmπの穴を開けることが可能です。深さは300mmまで可能です。主に墓石の花立の穴や水鉢の線香立て設置用の穴を開ける際に使用します。

手動研磨機

石の表面を磨き光沢を出します。8番手ある砥石を手作業で交換しながら石材を磨く機械です。R(アール)加工と呼ばれる墓石の曲面以外の箇所は全てこの機械で磨くことが可能です。

自動研磨機

石の表面を自動で研磨し、磨き光沢を出します。

集塵機

手加工するときに出た石塵を吸引します。

大口径石材切断加工機

大きな丸い刃が、時間をかけてゆっくりと石材を切っていきます。ダイヤモンドブレードを使用しています。また、大口径以外にも中口径・小口径もございます。